スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルガモット・ドミニオンズ第5話配信!

本日3月19日より
少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ第5話「感染を食い止めよう!」が配信されております!
基本無料、登録不要ですので、よろしくお願いします!

COMICメテオ
http://comic-meteor.jp/

↓ クリックで少女政府特設ページへ ↓



某ス○パンにリスペクトを捧げる意味で
「第7話はどうしようもないエロ回にしよう」
と考えておりました。




脳のブレーカーが作動しなくて
必要以上にどうしようもない話が
出来上がりました


ごめんなさい。


ここで勘の良い諸兄は「ん?7話?5話じゃないのかね」
と気づかれることと思います。

実はここからはエロ回に似つかわしくない、真面目なお話なのですが。
諸事情により第5話と第7話の発表を入れ替えることになりました。
社の判断ですので、自分の口からは詳細をお話出来ないのですが、
社会情勢を鑑みて、とのことです。
次回配信分を読んで頂き、その上でお察し頂けると幸いです。


なので、今回配信分5話(7話)は、単行本では2巻に収録となります。

1巻をご購入されたというのに
「5話の裸祭り感染にまつわる話が
ねえじゃねえか!」

と紳士淑女の方々に大目玉を食らう前に、告白しておきたいと。
本当にゴメンナサイ!!!!

今回謝ってばかりだな…
それでは恒例の、その回初登場の変身設定を。

プリシラ・マッカーシー(Priscilla・McCarthy) 



アメリカ合衆国のやる気満々の子です。
アメリカンヒーロー+妖精をコンセプトにすると、こんなんになりました。
武器は「ペンは剣よりも強し」にならい、羽根ペンです。
名前は例によって初期設定のものです。
もうお分かりの通り、初期のネーミングコンセプトは、その国のバイクメーカーからですね。
決定稿でもその片鱗が残っているキャラが多々おりますが。

あ、ちなみに少女政府 ベルガモット・ドミニオンズの第1巻が4月12日に発売になります!
早々にアフィには貼ってみたものの、表紙がNo imageで寂しい限りで。
詳細は表紙があがった後にしたいと思います。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。